0120-299-654
受付時間:8:30~19:00(土日もOK)

ブログ : 火災保険で外壁塗装ができる?知っててほしい重要ポイント blog

外壁の塗替えを検討中に業者から「火災保険が使えるかも」と勧められた事はないでしょうか?

「火災保険で外壁塗装なんて出来るの?」と不思議に思われたことと思いますが、保険の適用条件がクリアできれば、保険金がで外壁塗装は可能です。

戸建て住宅の火災保険は3種類に大別

まずは加入している火災保険の種類を確認してください。

1⃣住宅火災保険

2⃣住宅総合保険

3⃣補償の範囲を拡大したり実際の補償額が保証されたりする新タイプ

新タイプの保険

従来の住宅総合保険より補償の範囲を拡大したり、実際の損害額が補償されたりする新タイプ。敷地内にある野外設備なども補償範囲だったり、補償額に制限がなく実損額で補償されたりするタイプがある。近年ではこのタイプが主流になってきている。

火災保険は、皆様のお住いごとにそれぞれ違います。

ご自宅にかけた火災保険の「保険証券」や加入している損害保険会社へ直接お問い合わせして、まずは保険の種類と内容を確認するようにしてください。

火災保険が適用される条件

戸建て住宅向けの火災保険は、火災やガス漏れによる爆発などの事故だけでなく、自然災害による損害にも適用される場合があります。

ずばり、災害で外壁や屋根にに損害が出た場合などに、保険適用されるケースがあります。

上の3種類の火災保険はすべて、条件が揃えば、外壁の塗装工事に適用されます。

火災、落雷、爆発・破裂、台風などの風災が原因の外壁劣化で適用される住宅火災保険

住宅火災保険とは、戸建て住宅向け火災保険のスタンダードタイプです。一般的に、火災による損害のほかに、落雷や爆発・破裂、風や雹、雪災による損害を補償します。例えば台風時の飛来物や落雷で外壁や屋根が損傷した場合は、適用される可能性があります。

水災害や水漏れ事故による損害は、保険が適用されません。洪水や高潮や集中豪雨などによる土砂崩れなどの自然災害がこれにあたります。

適用されるかどうかは加入している保険証券をご確認してください。

あらゆるリスクに対応する住宅総合保険

スタンダードタイプに加えて、住宅に関する総合的な補償を受けられるのが住宅総合保険です。ずばり、オールマイティな保険です。

自動車が自宅に突っ込んできた際の破損や泥棒の侵入による破損なども適用になる可能性があります。もちろん水害の補償も含まれます。水漏れ事故にも補償を受けることが可能です。自宅にかけている火災保険、スタンダードタイプかオールマイティタイプか内容をしっかり確認しましょう。

経年劣化はどんな保険も適用されません

これらのいずれかの保険であっても適用されない条件があります。

経年や老朽による劣化です。

つまり災害に起因しない劣化や、外壁材特有の摩耗、変質、変色などは補償の対象とならないという事です。例えば外壁に発生した苔やカビ、錆やタイルのエフロ(白華)などは当然に対象外です。では自然災害による被害かどうか保険会社にどうしたら認めてもらえるのでしょうか。手中の説明をさせていただきます。

火災保険が適用されるまでの手順

外壁や損壊などの被害が発生したら

1⃣まずは契約している損害保険会社に連絡してください。

2⃣次に申請に必要な書類や注意事項を詳しく聞いてください。

3⃣各申告書類を作成して保険金請求申請

4⃣申請を受けた保険会社が、損害鑑定人をお住いに派遣し損害状況を検査します。

5⃣その調査結果報告を受けて、損害保険会社が審査を行います。

6⃣申請内容が認められれば、無事に保険金が支払われることになります。

適用対象のジャッジは、損害鑑定人が判断します

自然災害での劣化か、経年劣化かの判断をするために損害保険会社は劣化状況を調査します。この調査は、損害保険会社が任意で選んだ鑑定会社から派遣されてくる、損害鑑定人と呼ばれる人が行います。具体的には、この鑑定人が、保険申請内容をもとに、実際に現場に赴き状況を調査し、自然災害による劣化の有無を確認し被害額を算定した報告書を作成し、依頼のあった損害保険会社に提出します。

この鑑定は、火災保険に加入している皆様からの保険申請があって初めて行われますので、申請に必要な書類を準備することになります。

どのような書類が必要かは契約した際の保険代理店か損害保険会社へ直接問い合わせて事前に詳しく確認しましょう。

申請書作成

火災保険申請には、損害保険会社へ各書類の提出が必要です。

主な書類は以下の3つとなります。

  • ☆保険金の請求書
  • ☆事故の報告書
  • ☆修理した箇所の工事見積書

書類の作成は自分で行うことも出来ます。

事故の報告書には以下の内容を記述しておくと良いかと思います。

  • ☆契約者の名前、保険証券番号
  • ☆損害発生の日時
  • ☆損害発生の状況・事故の原因
  • ☆損害のあった家の住所
  • ☆損害箇所を示した見取り図

書類提出は、契約の際に窓口になった代理店でも構いませんし損害保険会社へ直接提出してもOKです。

損害箇所の写真は必須です

事故の報告書作成で最も大切なのは損害箇所の写真添付です。鑑定人が調査対象となる家が、保険契約をしている家かどうかの判断がつきやすいですし調査自体もスムーズに進むことが期待できるからです。

損害箇所の写真撮影は所有しているデジカメかスマホカメラで十分です。各災害で被害にあった箇所を撮影しましょう。その際に家全体がわかる外観写真と方角別の写真も一緒に撮影して該当の損害箇所が分かるように印を付けて提出するとバッチリです。

添付書類の見積書の金額は適正に

見積もりをご自身で作成するのは難しいので専門業者に見積もりを依頼してください。「保険金申請のため」という事を業者に伝えておくとスムーズに対応してくれます。ただし業者に依頼する際に注意してほしいことがありますから次で説明いたします。

要注意!保険金を餌にする悪徳業者の存在

火災保険を活用して外壁・屋根塗装を行う際に、注意してほしいことがあります。それは保険金を餌に工事契約を迫る悪徳業者の存在です。「火災保険を使えばタダで塗替えできますよ」「ほぼ全額、保険で賄える」などの誘い文句で近づいてきます。タダで外壁が綺麗になるならありがたいっと思いますよね?何か問題があるの?っと思いますよね?そこには一般の人にはわかりにくい手口があるんですよ!

甘言に要注意。悪徳業者の手口

悪徳業者に共通する特徴は「費用が自己負担ゼロで済むことを目いっぱいアピールしてくる」「保険金請求の代行を網猛アピール」「申請代行を含む工事全般についての契約書を交付してくれない(口頭のみ)」国民生活センターにも報告されている事実もありますし最近では業界新聞「リフォーム産業新聞」の記事にも大きく問題視された事例が掲載されていました。

保険契約はそれ自体が、各家それぞれに契約内容が違いますし契約している損害保険会社も違います。それなのに、必ず無料で塗替えできますなどと謡うのはおかしいですよね。また、皆様ご本人が保険金の請求は絶対にするべきです。本人になりすまして申請をしてしまうと、損害保険会社から「保険金詐欺の可能性あり」と判断されかねません。

悪徳業者に申請用の書類作成を依頼すると、修理工事の必要性を強く訴えてきます。実際に工事を依頼すると「手数料」などと言って保険金の約2~3割程の額を請求されたり、他の業者に依頼する旨を伝えた途端に態度と言動を変えて高額なキャンセル料を請求されたりします。この手の詐欺は屋根に関する事例が多いようですが、外壁でも注意が必要です。

そもそも、皆様が入られた保険で正当に受け取る権利がある保険金です。仮に全額無料で被害箇所を修理できたとしても、本来の受取人ではない、そのような悪徳業者の手に保険金が渡るのはゆるされませんよね。

心強くて安心できる優良業者の存在

皆様が損をしないような、消費者の利益までしっかりと考えてくれる良心的な業者を見極めるポイントは、業者のあなたの地元での評判が良いかどうかを調べてください。悪いうわさが少なからずもある業者は疑う目を持つことが大切です。「最近、やたら訪販業者がやってきて、断ってもしつこく何回も訪問してくる」などの近所周りのうわさも注意しましょう。それとは逆に、長い間地域密着で営業してきた業者ならお客さ第一主義を貫いている場合が多く、地元での評判も上々なはずです。良いことばかり並べる良く分からない業者に依頼する前に地元に必ずある優良業者に相談するようにしてください。また不安点や疑問点は放置せずに地域の優良店や保険代理店、損害保険会社に相談してください。

contact お問い合わせ

現場調査から最短で翌日・遅くても3日後には詳細な
お見積書をご提出できるよう心がけています。お気軽にお問い合わせください。

0120-299-654

受付時間:8:30~19:00(土日もOKです)

しつこい営業してません!他社との相見積もりも大歓迎です。

お問い合わせはこちら

LINE
ZOOM
Ameblo
Ameblo
Instagram
YouTube

施工対応エリア

淡路島を拠点に明石市・神戸市・徳島に車で1時間圏内でいける場所。
またその他の地域もご相談ください。